あやまんJAPAN(あやまんジャパン)は、日本の女性エンターテインメント集団。

 

宴会芸を発端とした、下ネタを交えたパフォーマンスを行う。音楽活動、舞台などでも活動している。

結成当時、サッカードイツW杯の前であったことから、ジーコJAPANに倣って「あやまんJAPAN」と名乗り、飲み会を「試合」と呼び、1晩に2〜6回、年400〜500「試合」をこなしていた[1]。当初はあくまで素人の集団であったが[2][3]、テレビ出演により広く知られるようになった。

 

きっかけは2009年頃、当時群馬県在住のあやまん監督が東京でのイベントコンパニオンの仕事帰りに先輩たちと夜通し飲み会をしていた際に、先輩たちの下ネタを交えた過激な盛り上がりに影響され、自ら友人を誘って六本木で夜な夜な飲み会を渡り歩くようになったこと[1]。あやまんがファンタジスタさくらだを誘い、同年秋にさくらだがルーキタエを誘う[2]。普通の合コン風に食事をしたあと、カラオケで豹変して盛り上がり、飲み会の相手を驚かせることで評判になる。

2010年1月28日放送回のフジテレビバラエティ番組とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「第1回博士と助手 安すぎて伝わらない素人芸選手権」に、おぎやはぎ矢作兼の推薦で出場し、優勝し話題となる[3]。その宴会芸の中で用いられた木村由姫の楽曲「LOVE & JOYDJ OZMAバージョン)」にてサビに乗せて発する「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」や、「ニンニンニン、ニンニンニン、ニンニンニンたらニンニンニン」などのコール(台詞)はのちに着ボイス化され、女子中高生の間では流行語にもなった[4]。第2回大会では、オープニングアクトとして出演した。

ブームが一段落した後の2013年2月、メンバーのファンタジスタさくらだが結婚・妊娠による「戦力外通告」のためあやまんJAPANからの脱退を発表。それに伴い新メンバーのオーディションが行われ、新メンバーとして「金玉澤」(たまたまこ)「あいな」(めんそ〜れ愛菜)「サムギョプサル和田」の3人が選ばれた。そして、2013年3月14日の「さくらだ卒業LIVE in ニコファーレ」にてメンバー入れ替えが行われ、5人体制にて新生あやまんJAPANがスタートした。その後もグループとしての活動は停滞状態にあったが、あやまん監督の一念発起により、個人事務所「あやまんJAPAN株式会社」を設立。2014年7月7日より営業開始となった[1]

 

引用 : 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%BE%E3%82%93JAPAN

 

あやまんJAPAN 画像 : 

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%BE%E3%82%93japan&aq=0&oq=%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%BE%E3%82%93&at=s&ai=HCinuhffRPCx6XgM.kMkNA&ts=6423&ei=UTF-8